相手の欲しいものを届けられる

カタログギフトにすることで、相手の欲しいものを届けることができる点は大きなメリットです。一生懸命相手の喜ぶものを選んでも、すでに持っていたり、ほかの人と重なってしまったりすることは避けられません。もらったほうも重なってしまったものは使いようがなく処分にも困ってしまいます。その点、相手の欲しいものを届けることができるカタログギフトは送る側にとっては選ぶ悩みを解消してくれますし、送られた側も自分の欲しいものを選ぶことができてメリットが大きくなります。

渡す段階ではコンパクト

カタログギフトは送るか贈る段階ではコンパクトで済むので、相手に持ち帰ってもらう場合なども非常に楽になります。紙のカタログタイプだけではなく、最近はウェブ上で選ぶことができるものもあり、その場合はカードタイプで非常にコンパクトな形になります。引き出物などかさばると持ち歩くのが大変なものの一部に、カタログギフトをプラスするのもよいでしょう。

慣れない相手には使いにくいデメリット

カタログギフトに慣れている方にとっては、自分の好きなものを選びやすい点は大きなメリットですが、そうでない方にとってはシステムがわかりにくかったり、手続きが面倒だったりします。プレゼントは選ぶ心遣いが重要と考える方にとっては、選ぶ過程がないカタログギフトでは心がこもっていないと思う方もいるようです。年齢の高い方などに送る際には手続き面など十分配慮をしておきたいものです。カタログギフトでも気持ちが伝わるように手紙などを添えるのもよいでしょう。

カタログギフトは受け取った相手が自分の好みの品物を選ぶ形になるので、せっかく贈ったのに気に入ってもらえないという事態に陥る心配がありません。相手に喜んでもらえる、理想的な贈答品と言えます。

Similar Posts