自動巻き時計と手巻き時計

機械式時計は、巻き上げられたゼンマイが緩んでいく力を使って動いていますので、時計をつける際にはゼンマイが巻き上げられた状態でないといけません。そこで、機械式時計を選ぶ際には、そのゼンマイの巻き上げ方の違いを意識して、選ぶ方法もあります。まず、機械式時計には自動巻きのものと手巻きのものがありますが、自動巻きのものは腕につけているとき、その揺れに連動したムーブメントによって自動的にゼンマイを巻き上げてくれます。一方、手巻き時計にはそうした機能はなく、つける前に自分でゼンマイを巻き上げる必要があります。

自動巻きと手巻き、それぞれの特徴

いちいち自分でゼンマイを巻き上げるのが面倒な人は、自動巻きのものを選ぶのが良いかもしれませんが、自動巻きの時計は構造が複雑なため、その分、値段が高いことも多いです。しかし、機械式時計のなかでは自動巻きのものが主流となってきているため、選べるデザインも多いと言えます。一方、手巻きの時計は、部品数が自動巻きのものに比べ少ないことが一般的ですので、時計自体の厚みが薄いものも比較的多くあります。そのため、腕元をすっきりとさせたい人は、あまり厚みのない手巻きの時計を選ぶのも良いでしょう。

また、手巻きの時計は、昔からの伝統的な構造であるため、時計の歴史を感じるには手巻きのものの方が適しているかもしれません。細かなたくさんの部品が連なり動く構造の最初のきっかけを、自分の手で巻き上げられることは、思いのほか嬉しいものです。

自動巻きの時計、手巻きの時計、それぞれの特性を理解して、自分に合った腕時計を選んでください。どちらの時計であっても、きっと気に入るものが見つかるはずです。

オーデマピゲとは、1875年に設立されたスイスの時計、宝飾品メーカーです。世界三大時計メーカーの1つとされています。

Similar Posts