煙ではなく水蒸気を吸う仕組み

タバコはタバコの葉を燃焼したときに出る煙を吸って楽しみます。煙の中に香りがありそれを吸うと気分が良くなったりしますが、煙の中には有害物質がたくさん含まれているので健康に良い嗜好品と言えません。電子タバコもタバコ同様に煙のようなものが出てそれを吸って楽しむ嗜好品です。ただ煙のように見えるものは実際は煙ではなく水蒸気です。リキッドと呼ばれる液体を電気で加熱して水蒸気化しそれを吸って楽しめるようになっています。燃焼によって出る煙だと有害物質が多くなりますが、水蒸気だとそれらの有害物質は一切発生しません。電子タバコはタバコに比べると新しい嗜好品なので健康上の問題はまだまだ不明点が多いですが、タバコに比べると問題は少なそうです。

使い捨てとリキッド交換タイプがある

タバコと言えば葉を紙で巻いたものが主流で、こちらは吸えば灰になるので使い捨てと言えそうです。かつてはキセルと呼ばれるものがあり、こちらはキセルと呼ばれる道具にタバコの葉を入れて使っていました。電子タバコにも使い捨てとリキッドを交換して使うタイプがあります。良く知られているのはリキッドを交換するタイプで、本体は何度も使えるようになっています。何度も使っているとバッテリーが少なくなるので、定期的に充電をしなければいけません。使い捨ての電子タバコはリキッドが交換できず吸い終われば捨てなければいけません。既に充電されているので利用時に充電する必要がない点がメリットと言えそうです。手軽に使えるもののリキッドを交換するタイプに比べるとランニングコストがかかりがちなのがデメリットと言えるでしょう。

電子タバコに欠かせないニコチンリキッドは、個人輸入で入手することができます。日本では法律で販売が禁止されているため、海外サイトや輸入専門サイトなどが主な入手先となります。

Similar Posts