お土産を選ぶときの鉄則中の鉄則

旅行に行った際の観光地の近くなどには、その地域でしか買えないお土産がたくさんあります。日本の首都である東京も例外ではなく、さまざまなお店でご当地の東京土産がたくさん販売されていて、あまりの数の多さにどれを選べばよいのか分からなくなるという人も多いでしょう。もしどういったお土産にすればよいかわからないという人は、「かさばらないもの、使ってもらえるもの、食べて美味しいもの、その土地ならではのもの」という4つの基準で売られているお土産をチェックするようにしましょう。すると自然に良いお土産を選ぶことが出来ます。

誰に渡しても間違いないお土産とは

以上の鉄則を守ったうえで、だれに渡しても間違いなく喜ばれるお土産というのは「現地限定品のブランドで消えもの系」です。消えものというのはお菓子など、食べたり使ったりしてすべてなくなってしまうものの事を指します。例えば全国各地にはその土地でしか買えない可愛い小物などもたくさん販売されています。その場所でしか買えないですし、旅行中のテンションも相まってついつい買ってしまう事もあるでしょう。

ただし、こういうのは自分用として購入したほうが良いです。お土産にこういった小物を渡したとしても、相手からはあまり喜ばれないケースが多いでしょう。とはいえ、せっかく買ってきてくれたものだから捨てるわけにもいかないし、といった具合で極論から言えばとても邪魔なものになります。その点消えもの系であれば使ったり食べたりすればいずれ無くなりますし、ブランド物であれば大きく外すようなこともありません。

campanella eは東京カンパネラが販売しているラングドシャ・クッキーで、ハーブティソースが挟まれていて天然のブルーの色が特徴的です。

Similar Posts